すね毛脱毛の自己処理として多いのが”毛抜きを使う”と言う事です。これはすね毛だけではなく、多くの人達が毛抜きを使って脱毛をしているのです。

当サイトでは、自己処理をする事をおすすめしていませんが、特に毛抜きを使ったすね毛脱毛はNGだと思っています。

毛抜きを使うとすぐに脱毛効果を実感する事が出来ますし、何より手軽に出来るため自己処理脱毛の中でも多く使われる脱毛処理ですよね。

でも毛抜きを使ってすね毛の脱毛をすると、脱毛効果よりもたくさんのデメリットがあるのをご存知でしたか?

後から後悔をしない為にも、毛抜きを使った脱毛のデメリットをしっかりと把握しておく事も大切な事だと言えるでしょう。

すね毛を毛抜きで脱毛してた・・・そしたら?

すね毛が濃いのが嫌で、毎日毛抜きを使って脱毛をしていた。

なんて言う人も少なくありません。

毛抜きを使う事によって次のようなトラブルが出てきます。

毛穴が炎症を起して赤いボツボツが出来てしまう

毛穴が広がってしまい、次に生えてきた毛が太く見えてしまう

没毛になってしまい大変な事に

このようなトラブルが毛抜きを使う事で起きてしまいます。

よく勘違いをされているのですが、すね毛を毛抜きで脱毛をしている!

「毛抜きを使ってムダ毛を抜く事は脱毛とは言えません」

脱毛と言うのはれっきとした医療行為ですので、毛抜きですね毛を抜くのはムダ毛処理をしているだけなのです。

しかも毛穴が炎症をしやすく、毛穴自体が広がってしまいますので、次に生えてくるすね毛が太く見えてしまいます。

これでは何の為にすね毛を処理したのか・・・

こんなトラブルが原因で後悔している人が本当にたくさんいるのです。

だから毛抜きを使ってすね毛脱毛をするのは絶対にやめておきましょう!

電動毛抜きを使ってすね毛を脱毛してしまった・・・埋没毛って治せるの?

埋没毛は毛抜きや脱毛テープを使った自己処理をするとよくなる肌トラブルですね。

毛抜きを使ってすね毛の脱毛をすると、次に生えてくる毛が皮膚で蓋をされて生えてこれなく埋もれてしまう状態を言います。

見た目はムダ毛が生えてないのですが、触ってみるとザラザラして、よく見ると黒いボツボツが見える。

これが埋没毛で、1回なってしまうとなかなか治す事は出来ません。毛根から処置をしないと治らないのが埋没毛です。

中には毛穴一つ一つの皮膚をカミソリなどで剥がして毛を表に出す、なんていう人がいますがこれをすると本当に炎症を起してどうにもならなくなってしまいます。

ではどうやって埋没毛になったすね毛を治せば良いのでしょうか?

毛抜きを使って出来た埋没毛を治す方法

これは毛穴から処置をするしかないのですが、次にような方法が考えられます。

  • 皮膚科に行って診察をしてもらう
  • 脱毛サロンですね毛脱毛をやり直す

一度毛抜きを使ったすね毛脱毛で出来てしまった埋没毛を治すには、この2つが有効です。

医療レーザー脱毛でもフラッシュ脱毛でも大丈夫なのですが、毛穴からしっかりと脱毛をしなおす事で、すね毛の埋没毛はキレイになってきます。

皮膚科に行っても、何かしらの処置をしてもらえますが脱毛サロンですね毛脱毛をしなおした方が早いですし間違いありません。

費用面でどうしても厳しい・・・と言う人は家庭用脱毛器を使って脱毛するのも良いですが、こちらも自己処理になりますので細心の注意は必要です。

参照:家庭用脱毛器ケノンですね毛の脱毛を試みた!

気軽にすね毛脱毛を毛抜きで行ってしまうと、思いも寄らないトラブルに見舞われます。

こうなるぐらいなら、すね毛脱毛はしない方が良いですし、きちんと脱毛をしたいようなら脱毛サロン、クリニックでプロに行ってもらうのが安心で安全です。

間違っても自分で埋没毛を穿り返そう!なんて思わないでくださいね、、もっと大変な事になって毛穴の病気になってしまいますので。